パスタ麺の種類を20個まとめました!

  • ・ロングパスタ
  • ・ショートパスタ

の両方を写真付きで紹介!


  • スーパーで入手しやすいパスタ

  • イタリアンメニューでみかけるパスタ

に絞って人気ランキングを公開。


定番パスタから+αまで完全網羅しています♪

おすすめの食べ方・合うソースも紹介。

手作りする人は、「手作りに人気のパスタ」を参考に。

目次

1.ロングパスタの種類ランキング

人気順にランキング形式で19個紹介!

パスタを極めたい人は、上から順に試して。

1位 スパゲッティ

spaghetti

ロングパスタ スパゲッティ

直径1.6~1.9mmの程よい太さで、最もポピュラーなパスタ。より細いものをスパゲッティーニ、より太いものをスパゲットーニと呼ぶが、ひとまとめに「スパゲッティ」と呼ぶことが多い。
軽いソース・重いソースの両方とバランスが取れる。ミートソース・トマトソースが人気。


2位 スパゲッティーニ

spaghettini

スパゲッティーニ

直径1.2mm~1.5mmで、スパゲッティより細い。湯で時間5分と短く調理しやい。 スパゲッティと混同されることが多く、「スパゲッティ 1.4mm」表記の商品はスパゲッティーニのこと。
冷製パスタによく合います。温製でもあっさり系ソースに合う。シンプルなトマトソース・魚介系のソースと合わせる事が多い。

●スーパーで買える:マ・マー スパゲティ1.4mmバリラ スパゲッティ1.4mm



3位 スパゲットーニ

spaghettoni

スパゲットーニ

直径2.0mm前後と極太で、スパゲッティより太い。かみしめると小麦の旨みが感じられる。
幅広いソースと合いますが、一般的に太めのパスタにはこってり系のソースが合います。

●スーパーで買える:マ・マー早ゆで6分スパゲティ2.0mmバリラ スパゲッティ1.9mmディチェコ スパゲッティ1.9mm

●輸入食品店で買える:アルチェネロ スパゲットーニ2.2mm

●別名:ヴェルミチェッリ



4位 カッペリーニ

capellini

カッペリーニ

直径1mm未満で、スパゲッティーニフェデリーニよりもさらに細い。「髪の毛」が語源。
カッペリーニと言えば冷製パスタ。特に冷製トマトソースに合う。香りのよいオリーブオイルを使ったシンプルなパスタは、繊細なカッペリーニの個性が発揮できる。夏は主食に、冬は前菜に。コンソメスープの具としても◎。

●スーパーで買える:ディチェコ カッペリーニ0.9mmバリラ カッペリーニ1.15mm

●カッペリーニよりさらに細いパスタを「カッペリーニ・ダンジェロ」と呼ぶ。



5位 リングイネ

linguine

リングイネ

スパゲッティを平たくつぶしたような形で、断面が楕円形。「舌」が語源。麺の表面積が広くソースが乗りやすく、モチモチした食感。
ジェノバ生まれのパスタなので、ジェノヴェーゼソース(バジルソース)と相性抜群。ソースが平たい面にうまくのるので魚介ソース・魚介トマトソースともよく合う。

●スーパーで買える:ディチェコ リングイーネオーマイプレミアム生パスタ リングイネ

●別名:バヴェッテ、バヴェッティー、トレネッテ



6位 フェットチーネ

fettuccine

フェットチーネ

卵を多く練りこんでいる平たいパスタ。「リボン、テープ」が語源。平たいパスタの仲間で、より太いのがタリアテッレ、より細いのがタリオリーニ
パスタ自体が幅広で存在感があるので、こくのある重めのソースが合う。ごろごろと肉が入った重めのミートソース・濃厚なクリームソースがオススメ。ジェノベーゼ(バジルソース)・ボンゴレ(あさり)・トマトソースでも◎。

●スーパーで買える:ディチェコ フェットゥチーネオーマイプレミアム 金のパスタ フェットチーネオーマイプレミアム 生パスタ フェットチーネ

●別名:フィットチーネ、フェットゥチーネ



7位 ラザニア

lasagne

ラザニア

平たい板状パスタの代表。合わせるソースに負けない存在感がある。イタリアでもラザニアと言えば手の込んだご馳走で、お祝いの日に食べる料理。「ミートソース」「ホワイトソース」「チーズ」を交互に挟んで焼き上げます。日本ではこの料理自体をラザニアと呼ぶ。

●スーパーで買える:バリラ ラザニエディチェコ ラザーニャ

●別名:ラザーニェ、ラザーニャ



8位 タリアテッレ

tagliatelle

タリアテッレ

薄く延ばした生地を7~8mm幅に切った幅広の平面パスタ。フェットチーネより幅広。シコシコした食感。手打ちの方がソースとの絡みが良いので、手打ちもオススメ。
ボロネーゼ(肉のソース)と非常に相性が良く、「ボロネーゼと言えばタリアテッレ」と言うほど基本の食べ方。幅広でソースがよく絡み、コクのあるソースをしっかり受け止めるので、ボロネーゼのような牛・羊・豚を使った匂いのある肉系ソースと合う。トマトソースと合わせることも。

●スーパーで買える:×

●輸入食品店で買える:◎ バリラ タリアテッレブイトーニ タリアテッレアルチェネロ タリアテッレパスタジョリー タリアテッレデルヴェルデ タリアテッレ

●Amazonで買える:タリアテッレ商品一覧

●別名:タッリアテッレ、タリアッテレ



9位 ブカティーニ

bucatini

ブカティーニ

直径2mmの極太麺の中心に穴があいている。「穴」が語源。
ギュギュっとした食感で太くてかみごたえがあり、濃いソースに負けません。どっしりとしたソースと合わせてじっくりかみしめたい時に使う。アマトリチャーナソース(トマトベースにベーコン・玉ねぎ・白ワインを加えたもの)で食べるのが超定番。アマトリチャーナ以外でも濃厚なソースと合わせることが多い。

●スーパーで買える:×

●輸入食品店で買える:△ バリラ ブカティーニディチェコ ブカティーニピッコリ

●Amazonで買える:ブカティーニ商品一覧



10位 フェデリーニ

fedelini

フェデリーニ

直径1.0~1.4mm、カッペリーニスパゲッティーニの中間の太さ。「糸」が語源。フェデリーニ・カッペリーニ・スパゲッティーニの3つは、直径が違うだけで同じものなのでよく混同される。
冷製パスタによく合います。温製でもあっさり系ソースに合う。ジェノベーゼソースと合わせることも多い。

●スーパーで買える:ディチェコ フェデリーニ1.4mmバリラ スパゲッティNo.3 1.4mmマ・マー早ゆで1分サラダスパゲティ 1.2mm



11位 タリオリーニ

tagliolini /tajarin

タリオリーニ

卵黄を大量に使った、濃厚なコクがあるリッチなパスタ。タリアテッレと同じく包丁で切り分けて作るが、幅2mmとかなり細く切り分けるので、形状はソバに似ている。卵の濃厚な味わいとパサつきがないのど越しの良さが魅力。
しっかりと味のあるパスタなので麺そのものの美味しさを味わうために、バター・白トリュフでシンプルに仕上げるのが定番。肉をローストした時に出る肉汁をソースとしてサッと和えるだけでも十分。

●スーパー、輸入食品店どちらも売っていない

●Amazonで買える:タリオリーニ商品一覧

●別名:タヤリン・タリエリーニ



12位 パッパルデッレ

pappardelle

パッパルデッレ

きしめんのイタリア版とでも言える平打ち麺の幅広パスタ。食感もしっかりしており、食べ応えも十分。
これほどの幅広麺には、麺に負けないよう濃いソースが合う。細かい肉は幅広麺との絡みが良いので、濃い肉系ソースが相性抜群。イタリアンレストランでは、子羊・鶏・鴨・イノシシなどの肉をホールトマトと煮込み、チーズを加えた濃いめのソースと合わせます。その他には、クリーム系ソースも合う。

●スーパーで買える:×

●輸入食品店で買える:△ グラノーロ パッパルデッレ

●Amazonで買える:パッパルデッレ商品一覧



13位 カネロニ

cannelloni

カネロニ

大きなマカロニのような形。長方形に切った生地に詰め物を乗せて巻いて食べる。ラザニアを巻いて作ることもできる。
定番の食べ方は、「ほうれん草とリコッタのカネロニ」。ほうれん草を混ぜたリコッタチーズをカネロニで巻き、その上にホワイトソース→トマトソース→チーズを乗せ、オーブンで焼いたもの。

●スーパーや輸入食品店でまれに冷凍食品として「ほうれん草とリコッタのカネロニ」が売っている

●Amazonで買える:カネロニ商品一覧



14位 キッタラ

chitarra

キッタラ

他のパスタの断面が丸いのに対して、キッタラは断面が「正方形」なのが特徴。幅3mm角。断面が四角いので弾力のある食感です。卵入りなので風味も、色の黄色みも強い。イタリアンレストランのメニューでは良く見かける。
子牛やラムなど、肉のラグーソースを合わせるのが一般的。

●スーパー、輸入食品店どちらも売っていない

●Amazonで買える:キッタラ商品一覧

●別名:キターラ



15位 ピーチ

pici

ピーチ

材料は卵を加えず小麦粉・水のみ。道具を使わず手で一本ずつ伸ばした素朴なパスタ。材料といい、真っ白な色といい、うどんにソックリ。直径3mmの極太です。手で一本ずつ長く伸ばしているので、太さに微妙な変化があり食感が少しずつ変わっていくのが楽しい。もっちりとした食感。手打ちにオススメ。
こってり系のソースと相性がよく、ピーチとラグーソース(肉などを細かく切って煮込んだミートソースのようなもの)は定番の組み合わせです。

●スーパー、輸入食品店どちらも売っていない



16位 ビーゴリ

bigoli

ビーゴリ

硬めの歯ごたえと素朴な風味が特徴。専用の圧搾器を使って穴からニョロニョロと押し出して作るため、圧搾されて締まった生地になり、歯ごたえがしっかりする。押し出された表面はささくれ立ってザラザラになり、ソースの絡みが良い。そば粉・全粒粉を混ぜることもある。
風味・歯ごたえが強い存在感があるので、クセの強いパスタソースが合う。特に、鴨の肉を細かく刻んで煮込んだ鴨のラグーソースを合わせることが多い。アンチョビを使ったソースとも合う。

●スーパー、輸入食品店どちらも売っていない



17位 ピッツォッケリ

pizzoccheri

ピッツォッケリ

そば粉のパスタ。そば粉・小麦粉・水・塩で作る。形はやや厚めの長方形で、口の中に広がるそばの香りと舌触りや噛みごたえが特徴。日本のそばと同じく「そば粉100%」や「そば粉と小麦粉を同量ずつ」など、そば粉の配合量もさまざま。
冬野菜(基本はじゃがいもとキャベツ)とコクのあるチーズ・バターを合わせて食べるのが定番。

●スーパー、輸入食品店どちらも売っていない



18位 トレネッテ

trenette

トレネッテ

リングイネとほぼ同じもの。しっかりと捏ね上げるので、コシが強くもっちりとした食感が特徴。キッタラを作る専用道具と同じ道具を使って作るが、キッタラより幅広。その道具には裏表両面に弦が張ってあり、表側は弦の間隔が3mm、裏面は5mm間隔になっている。表を使うとキッタラ、裏を使うとトレネッテが出来る。
強い味わいのソースと相性が良く、ジェノベーゼと合わせるのが定番。他にも、オイルベースでアサリなどの魚介を使ったソースも合います。

●スーパー、輸入食品店どちらも売っていない



19位 パッサテッリ

passatelli

パッサテッリ

もともとは固くなったパンの再利用として考えられたパスタで、パン粉・パルミジャーノチーズ・卵で作る。ビーゴリと同じく専用器具で生地を穴からニョロニョロと押し出して作ります。ロングパスタとショートパスタの中間の長さなので、専用器具でなくてもポテトマッシャーで代用でき、手作りも可。
鶏がらと野菜で取った出汁で煮込んだだけのシンプルな食べ方が大定番。パッサテッリは小麦粉が入っていないのでつなぎが緩く、出汁がよく染み込み、ほどよくモッチリとした食感で美味しい。

●スーパー、輸入食品店どちらも売っていない




2.ショートパスタの種類ランキング

人気順にランキング形式で20個紹介!

1位 マカロニ

maccheroni

マカロニ

最もポピュラーなショートパスタ。食べ応えがあり、重めのソースをしっかり受け止めてくれる太さです。縦に溝が入ったものをマカロニリガーテと言います。
グラタンやサラダによく使います。グラタンのアツアツのホワイトソースがしみこんだマカロニは格別の味です。



2位 ペンネ、ペンネリガーテ

penne/penne rigate

ペンネ

↑ペンネ

ペンネリガーテ

↑ペンネリガーテ(表面に筋がある)

穴あきパスタを斜めにカットした形。筋が入っているものをペンネリガーテと呼ぶ。筋にソースがよくのり、中心の穴にもソースがからむので、ペンネはソースをしっかりからめて味わいたい時に向きます。
アラビアータ(唐辛子を利かせたトマトソース)・濃厚チーズソースとよく合い、特にアラビアータと和える「ペンネアラビアータ」は大定番メニュー。チーズソースならブルーチーズソースがおすすめ。サラダに使ったり、マカロニの代わりにグラタンにも使えます。

●スーパーで買える:マ・マー ペンネ150gディチェコ ペンネリガーテ

●別名:ペンネッテ(小さく細めのペンネ)



3位 ニョッキ

gnocchi

ポテトニョッキ

団子状。大半はじゃがいも・小麦粉を混ぜた「ポテトニョッキ」です。もちもちの食感が特徴。
ニョッキの滑らかさとほんのり感じられる甘さを生かすソースと相性が良く、特にチーズを効かせたクリームソースと最も相性が良い。トマト入りのクリームソースとも合います。ソースと和えた後、表面に粉チーズを振るとおいしい。

●スーパーで買える:モンテベッロ じゃがいものニョッキ



4位 フジッリ

fusilli/spirale/eliche

フジッリ

形を見たら誰もが知っているらせん状のクルクルパスタ。「糸巻き」が語源。
ソースの絡みが抜群で、オイル系やクリーム系など幅広いソースと合う。フジッリと言えばこのソース!という定番があまりなく、いろいろな具材・ソースと合わせやすいのが人気の理由。挙げるとすれば、ミートソースやトマトソースに合う。サラダに使うことも。

●スーパーで買える:マ・マー 早ゆでクルルディチェコ フスィリバリラ フジリ

●別名:エリーケ、フジリ、フスィリ、スピラーレ



5位 ファルファッレ

farfalle

ファルファッレ

小さい蝶々が語源の見た目も華やかなリボン形パスタ。中心をぎゅっと寄せて成型しているので中心部はむっちり、羽の部分は薄くなめらか。
クリームソース・さっぱりオイルソースと相性が良い。特に細切り生ハムと生クリームソースで和えて彩りにグリーンピースを乗せるのが定番。特徴的な形なので、グリーンピース・そら豆など色鮮やかで形に特長のある野菜と合わせるとキレイな盛りつけに。 サーモンのクリームソースもおすすめ。肉系ソースだと、豚肉・鶏肉・ウサギなど・白身系の肉を軽く煮込んだソースが合う。

●スーパーで買える:ディチェコ ファルファーレバリラ ファルファレ

●別名:ファルファーレ、ファルファッラ、ファルファレ



6位 ラビオリ

ravioli

ラビオリ

詰め物パスタの代表格。形や大きさも様々。生地自体はラザニアと同じことが多く、中に詰める具やソースの組み合わせで個性を出すパスタ。主役のラビオリをしっかり味わうには、ソースや付け合せはシンプルにするのが鉄則。
イタリアンレストランでよく見かける。

●スーパー、輸入食品店どちらも売っていない

●Amazonで買える:ラビオリ商品一覧



7位 コンキリエ

conchiglie /conchiglie rigate

貝殻に似たコンキリエ

「貝殻」が語源の貝殻の形のパスタ。外側の筋と、内側の穴でソースをガッツリ受け止めます。
ショートパスタの中では、ソースの種類を選ばずとても万能。スープの浮き実として使うこともあります。魚貝類をアンチョビでソテーし、トマト風味で仕上げる食べ方もおすすめ。チーズソースとも合う。

●スーパーで買える:ディチェコ コンキリエリガーテ

●別名:コンキッリェ、コンキリエリガーテ



8位 リガトーニ

rigatoni

リガトーニ

「筋入り」が語源の太いマカロニ。中にもソースがよく絡み、ソースとの一体感は抜群。伸びにくいのが特徴。
気軽な食べ方としてはミートソースと和えるのが一般的。本格的な食べ方なら、内臓系のソースと合わせるのが王道。例えば牛テールの煮込みに下茹でしたトリッパ(牛の胃袋)を加えたものと合わせる。イタリアンレストランで見かける。

●スーパーで買える:×

●輸入食品店で買える:△ スガンバロ ミッレリーゲ

●Amazonで買える:リガトーニ商品一覧

●別名:ミッレリーゲ



9位 オレキエッテ

orecchiette

オレキエッテ

↑市販品

オレキエッテ

↑手打ちは分厚い

小さな耳が語源の耳たぶのようなパスタ。モチモチ食感で、厚い部分と薄い部分の食感の変化が魅力。くぼみにソースが乗っておいしい。パスタ自体に存在感があり、具材の一つとして楽しめる。イタリアでは手作りすることが多い。手打ちパスタにおすすめ。
菜の花(もしくはブロッコリー)・アンチョビ・ニンニク・トウガラシを合わせたオイル系ソースで食べるのが定番。ミートソース・トマトソースも合う。カプレーゼサラダ・スープの浮き実として使うことも。

●スーパーで買える:×

●輸入食品店で買える:△

●Amazonで買える:オレキエッテ商品一覧

●別名:オレッキエッテ



10位 パッケリ

paccheri

パッケリ

直径約2cmの大型マカロニです。しっかりした食感で伸びにくいのが特徴。茹でるとペシャと穴が潰れた形になり、二枚のパスタが重なった食感を楽しむ。
魚介系のソースと合う。チーズ・クリームソース・ボロネーゼなど濃厚なソースにも合います。ソースを絡めて焼き、グラタン仕立てにするのもおすすめ。

●スーパーで買える:×

●輸入食品店で買える:△ リグオーリ パッケリ

●Amazonで買える:パッケリ商品一覧

●別名:マニケ

●似ているパスタ:カラマラータ



11位 カサレッチェ

casarecce

カサレッチェ

くるんと丸まった形で一見マカロニに似ているが、断面がS字。S字の断面によって、口の中で踊るような食感があるのが魅力。溝にソースが良く絡む。カヴァテッリと形が似ている。
オリーブオイルと相性が良く、ジェノベーゼソース・じゃがいも・いんげんと和えると美味しい。トマトソースもおすすめ。

●スーパーで買える:×

●輸入食品店で買える:モンスーロのカサレッチェ

●Amazonで買える:カサレッチェ商品一覧

●別名:カサレッチャ、カザレッチャ、カザレッチェ



12位 ルオーテ

ruote/rotelle

ルオーテ

車輪の形。イタリアでは主に家庭や大量給食に使われる。クリーム系のソース・スープ・サラダにおすすめ。

●スーパーで買える:×

●輸入食品店で買える:△

●別名:ローテ、ロテッレ



13位 ルマーケ

lumache/lumachine

かたつむり ルマーケ

直径3~4cmのかたつむり型パスタ。生地が厚く食べ応えがある。チーズ・クリームソース・ボロネーゼなど濃厚なソースによく合うので、グラタン・マカロニサラダによく使う。中に具を詰めて焼いたり煮込む料理にも使えます。

●スーパーで買える:×

●輸入食品店で買える:ダラコスタ ルマコーニリグオーリ ルマコーニ

●別名:ルマコーニ、ルマキーネ



14位 クスクス

couscous

クスクス

粒状に成形した世界最小のパスタ。地中海沿岸のアフリカ諸国に共通した料理でスパゲテイの原形とも言われる。クスクス1カップに対して沸騰したお湯1カップを入れ、混ぜてからフタをして5分ほど蒸らす。バター・オリーブオイルを少量混ぜてできあがり。料理の付け合せ・サラダなどに使います。刻んだ野菜と混ぜるだけでも食べ応えのあるサラダに。

●スーパー、輸入食品店で買える:△ ギャバン クスクス

●Amazonで買える:クスクス商品一覧



15位 トルテリーニ

tortellini

トルテリーニ

パスタ生地に具材を詰めて三角形に折り、両端を合わせて指輪状にした詰め物パスタ。「ビーナスのヘソ」の形から発想された。
スープの浮き実として使うことが多いのが特徴。特に鶏がらと野菜の出汁に入れて煮て食べるシンプルなものがボローニャの名物料理。詰め物には、豚肉・生ハム・パルミジャーノを使うことが多い。

●スーパー、輸入食品店どちらも売っていない

●丸い生地に詰め物を乗せて半分にたたんだものがアニョロッティ。その両端を重ね合わせたものが、カペレッティ、トルテリーニ。



16位 トロフィエ

trofie

トロフィエ

↑ねじるタイプ・ねじらないタイプがある

卵を加えず強力粉・水・塩・オリーブオイルだけのシンプルな生地を小さくカットし、小指の外側で押しつぶすようにねじり出して作る。道具不要なので手作りにオススメ。両端の細い部分はやわらかく太い部分は弾力があり、噛むほどに旨みが感じらるのが魅力。「こすりつける」「かんなくず」が語源。
ジェノベーゼペースト(バジルペースト)・いんげん・じゃがいもと合わせるのが大定番。アレンジとして生地にイカスミを練り込むこともあり、その場合は魚介ソースを合わせる。

●スーパー、輸入食品店どちらも売っていない

●Amazonで買える:トロフィエ商品一覧

●別名:トローフィエ



17位 リソーニ

risoni/risini

リソーニ

米粒状のスープ用パスタ。米粒より少し大きめ。イタリア語で「riso=米」なのでこの名前がついた。

●スーパーで買える:×

●輸入食品店で買える:△

●別名:リゾーニ、リーゾ、リズィーニ、リスィーニ



18位 ガルガネッリ

garganelli

ガルガネッリ

マカロニペンネに似たショートパスタで、表面に横向きの筋がついているのが特徴。筋があるのでソースとの絡みが良い。ソースとともに重なった生地を噛むので、パスタの存在感がしっかり感じられ、シコシコとした噛みごたえと歯切れの良さが魅力。細かく切った牛肉の煮込みソース(ミートソースのようなもの)との相性が抜群。

●スーパー、輸入食品店どちらも売っていない



19位 カヴァタッピ

cavatappi

カヴァタッピ

コルク抜きのような形をしているらせん状の筋入りパスタ。「コルク抜き」が語源。
ソースの絡みがいいのでミートソース・クリームソースに良く合う。マカロニと同じように、ミートソースグラタンに使うことも多い。

●スーパー、輸入食品店どちらも売っていない

●Amazonで買える:カヴァタッピ商品一覧



20位 カバテッリ、カヴァテッリ

cavatelli

カバテッリ

「えぐる」が語源のパスタ。卵を加えず小麦粉・水・塩・オリーブオイルだけのシンプルな生地を小さくカットし、中央にくぼみを作る。手でくぼみをつける人もいればナイフの先端を使う人も。茹で上げたときのツルツル感が楽しいパスタ。
くぼみにソースがよく馴染み、ラグーソース(細かく切った肉の煮込みソース)・トマトソース・オイルベースのソースや、具材が大きめのソース・ペースト状ソースなど幅広く相性が良い。サラダやスープにも使える。

●スーパー、輸入食品店どちらも売っていない

●Amazonで買える:カバテッリ商品一覧

●別名:カヴァリエッリ

●似ているパスタ:カサレッチェ



21位 アニョロッティ

agnolotti

アニョロッティ

ラビオリの仲間の詰め物パスタ。丸や四角など形は様々。
肉料理の端材を詰めることが多く、牛肉の赤ワイン煮などの煮崩れした肉を細かくして詰め物にする。食べ方は、シンプルなバターソースで詰め物パスタを引き立てるのがポイントです。

●スーパー、輸入食品店どちらも売っていない



3.パスタに合うソース

細いパスタに合うソース

カッペリーニフェデリーニのような細いパスタには、冷製やあっさり系のソースが合う。

  • ・オイルソース
  • ・冷製トマトソース

太いパスタに合うソース

リングイネフェットチーネなどの太くかみごたえのあるパスタには、こってり系のソースが合う。

  • ・トマトソース
  • ・クリームソース
  • ・ミートソース

中細パスタに合うソース

スパゲッティスパゲッティーニなどの中間の太さのパスタは、どんなソースでも合わせやすい。

  • ・トマトソース
  • ・オイルソース
  • ・ミートソース

ショートパスタに合うソース

ショートパスタは筋・くぼみにソースが絡み、ロングパスタよりかみごたえがあるので具やソースのおいしさをかみしめたい時に使う。

スープの浮き実として使うことも。(オレキエッテコンキリエ)


定番の組み合わせ

「このパスタにはこのソース!」

定番の組み合わせをまとめました。

ロングパスタ


ショートパスタ



4.パスタの種類まとめ

紹介したパスタを一覧にしました。

ロングパスタ

ショートパスタ

手作りに人気のパスタ


40種類のパスタを紹介しましたが、いかがでしたか?

スーパーのパスタ売場にも意外といろいろな種類が売っています。

どんどん試してみましょう。

ぜひ奥深いパスタの世界を楽しんでくださいね♪